マイナス20℃の世界をお届け致しました。

IMG_3525

先日、茨城県水戸市赤塚にある、パスタ専門店groovyさんに20f冷凍・冷蔵コンテナを納品しました。

20f冷凍ユニットはダイキン製でマイナス20℃~プラス20℃までの室内温度を一定に設定できます。

 

IMG_3543

 

コンテナの観音扉は内寸いっぱいに開閉するので大きなものを搬入するのには大変便利に使用できます。

内部は長さ5500mm、高さ2270mm、幅2280あります。

今回は天井にLED照明を付けて、コンテナ側面に凍結防止ヒーター付冷凍扉を新設した仕様になりました。
20160106_115902.jpg

 

内部に閉じ込められた場合の非常用開閉ドアのぶ付です。

ドア横のでっかい、LED照明用のスイッチがカッコイイ感じに仕上がっています。

 

IMG_3546

 

設定温度になるとアイドリングして静音になります。

 

コンテナは4tユニックに乗ってきます、それを12tラフタークレーンで吊って設置します。

働く車好きです。。

 

4ユニック車

IMG_3443

 

12tラフタークレー車

IMG_3441

 

 

 

ダイキン製の冷蔵コンテナユニットです、これがコンテナをキンキンに冷やして、中の商品を守ってるわけです。海運仕様なのでイカツイやつです。

200V動力電源をつないで昇圧トランスで400Vにして運転させています。海上運搬では400VがISO規格のスタンダードなんですね。

冷媒ガスはR134aを使用します。

 

20160106_115638

 

 

 

20160106_111227

 

 

新運転時のコントロールパネル。

赤字8,1℃は排出冷気温度、下の表示-20℃設定温度という意味です。

20160106_115630

 

専門のエンジニアが丁寧に説明してくれます。

松岡君皆さんにいい仕事します!

 

20160106_115436

 

20160106_111140

 

お店から200v動力電源を引っ張って接続します。業務用の天井カセット型エアコンが店舗にあれば200

この日の現場は冷え込んだので。横山さん寒そうです。

20160106_111222

 

去年のブログで登場したちっちゃなヒーロー!!油圧ジャッキ!!2トン強あるコンテナを片手で持ち上げます、華奢な松岡君がコンテナをスイスイとレベル調整をとっています。

今回は地面がアスファルトという事もあり、スムーズに安定した作業となりました。

 

20160106_104904

 

最後の微調整は、ラフターで吊上げながらテンションをかけての作業となります。

20160106_103443

IMG_3533

 

平板を噛ませて微調整します。。

IMG_3532

すっきりと収まり設置完了です。

メタリックな塗装のコンテナにピザ窯用の薪の束。

20160106_113433.jpg

 

倉庫用のプレハブもドアをずらして設置したのでバックヤードからのスタッフの使い勝手はバッチリです。

良い動線の配置になったと思います。

 

20160106_121716

物を取りに行くのに便利な配置にしました。

 

20160106_121657

 

たっぷり収納できる、大容量の冷蔵室が1日で設置できました。

新造カスタムしたヒーター付き冷凍扉もビシッとキマっています。

20160107_083520

 

 

今回の現場は、パスタ専門店のGroovy赤塚店さんでした。

店長の海老澤さんとのお話の中で、提供する食材の温度管理や、スープやアイスクリームのストック方法など大変勉強になるところがありました。

良いものを提供したいというプライドや熱い思いを、我々に熱く語っていただいた店長の気持ちにグッときた現場でした。

ピザもパスタもとても美味しいくオシャレな店内で頂けます。
IMG_3433

 

Groovy赤塚店